6歳になった長男の前歯がグラグラしてきました。もうそんな時期なの?早すぎない?と思い、調べてみると、6歳ごろに下の前歯が抜け始めるとのこと。
我が息子も遂に歯が抜けるお年頃になってきたようです。成長を感じさせられます。

ということで、早速抜けた歯をどうするか検討することに。


下の歯はトイレの屋根の上になげる。上の歯は縁側の下に投げる。

私の子供の時はこう教えられました。
下の歯は上向きに生えるから上に投げる、上の歯は下向きに生えるから下に投げるだったと思います。
抜けた歯を投げていたのがいい思い出です。特にトイレの屋根の上に投げた時は、だいたい落ちてくるので何度も投げていました。


抜けた乳歯を保存する方法も

みんなはどうしているのか調べてみたところ、保存している人もいることがわかりました。
また、詳しくは調べてないですが、歯髄細胞というものが再生医療に役立つとの記事もネットで見つけました。歯髄細胞バンクというものもあるみたいなのですが、今はさすがにそこまではできないかなと思い、とりあえず保存しておくことにしました。

ということで、早速歯を保存するケースを購入しました。


↓購入したのはこちら。

【ポイント10倍】【送料無料】■抜けた歯を大事に記録・保存しておける、桐製の可愛い乳歯ケース!桐箱乳歯ケース・たまて歯庫/星のたまて歯庫【Solby ソルビー】 【乳歯ケース】【乳歯保管ケース】【乳歯入れ】【歯 ケース】桐

価格:2,090円
(2020/7/25 23:38時点)
感想(764件)




IMG_6062

蓋を開けたらこんな感じ

IMG_6064

日付を書けるプレートも入っていました
IMG_6065


商品には満足しているのですが、脱脂綿とかが入っていればもっと良かったかなぁと思っています。
これから抜けていく息子の乳歯をコレクションしていきます。


↓クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村





■スポンサーリンク